(Ystudio / PIXTA)

ソニーグループ株に対して、「買い」の判断を継続しながらも、今後6〜12カ月間の目標株価を1万3000円へ引き下げた(楽天証券投資ウィークリー2021年5月14日号)。それまでは過去最高値圏である1万6000円としていた。

下げた理由は、ゲーム事業の今後の見通しを下方修正したことだ。ソニーは4月28日の業績説明会で、昨年11月発売のゲーム機プレイステーション(PS)5の当初販売台数見通しを「PS4以上」とした。つまり前21年3月期と今22年3月期の販売台数は、PS4の1年目と2年目(760万台と1480万台)以上としたのだ。より多くの販売台数を予想していた筆者はこの発表を受け、今後の見通しを引き下げざるをえなかった。

ここにソニーの弱みがある。すなわちソニーは、ハードウェアを大量に生産し、大量に販売する能力が十分ではないのだ。