aibo、EV、ドローンと、AIとロボティクスの組み合わせで動くものをつくった(写真:ソニー、撮影:梅谷秀司)

「これまでの10年のメガトレンドはモバイルだった。ここから10年はモビリティーだ」。ソニーグループの吉田憲一郎社長は、2020年1月の米ラスベガスでの見本市「CES」で電気自動車(EV)の「VISION-S(ビジョンエス)」を公開して以来、この言葉を経営方針説明会などで何度も繰り返している。

2010年代に、モバイル通信はフィーチャーフォンからスマートフォンへと移行した。それに伴い商品やサービス形態にとどまらず、プレーヤーや業界も激変した。

吉田社長は今後10年でモビリティー、すなわち自動車業界で似たような変化が起きるとみる。ガソリン車からEVへのシフトは、エンジンなど単なる鉄の塊だった自動車が、電化されてネットに接続した乗り物に移行することを意味し、自動車の定義が大きく変わろうとしている。

こうしたメガトレンドの中で、米アップルや中国ファーウェイなどが続々とEVへの参入をもくろむ。ビジョンエスも昨年12月から欧州の公道で走行実験を行う開発段階まで来ているが、開発を担当したソニーグループ常務でAIロボティクスビジネスグループ部門長の川西泉氏は、「今のところ量産の予定はない」と話す。車体を量産しないとすると、どこに商機があるとみているのか。