サティア・ナデラ氏がCEOの下、マイクロソフトの事業領域は拡大している(Kyle Johnson/The New York Times)

米マイクロソフト(MS)は6月24日(米国時間)、次世代OS「ウィンドウズ11」を公開した。新OSの投入は6年ぶりとなる。今回の発表で驚いたのは、米アマゾンとの提携だ。

提携により、アマゾンが提供するアプリストアを通じて、ウィンドウズ搭載のPCにアンドロイドアプリをダウンロードできるようになる。その結果、ウィンドウズPCの使い勝手が大幅に向上する。またアプリ開発者へ課す手数料も、米アップルなどと比較すると条件によっては割安だ。何億台と存在するウィンドウズ端末向けのアプリ開発を引き寄せたい考えだ。

一方のアマゾンはもともと、自社のFireタブレット向けにアプリを提供しており、独自OS「Fire OS」は米グーグルのアンドロイドOSを基にしている。動画や電子書籍の独自サービス、音声AI(人工知能)アシスタントのアレクサを使いやすくするためにアプリを開発していた。