屋外で開かれた結党100周年の祝賀イベント。公称7万人の人々が参加し、大型スクリーンも設置された(AP/アフロ)

1対14億の一大政治劇だった。

去る7月1日、天安門広場で中国共産党100周年の祝賀大会が開かれた。習近平総書記は約1時間にわたり、ゆっくりとした口調で演説した。

そんなに長い間、偉い人の話を聞いていたら眠くなりそうだ。しかし広場に集まった公称7万人の観衆は、終盤に向かい徐々に興奮。話の合間に差し挟む拍手が少しずつ長くなった。内容にも歓声を上げ始め、演説は3回中断した。

人々の反応は作りものではなかった。演説の最後に習は「偉大で輝かしく正しい中国共産党に万歳! 偉大で輝かしく英雄的な中国人民に万歳!」と呼びかけガッツポーズ。すると、大画面でそれを見た観衆もガッツポーズで応じ、大学生とおぼしき数人が勢い余って立ち上がった。それにつられてほかの人々も一斉に起立した。共産党の赤い旗を振り、とどろくような大歓声を送った。