(zak / PIXTA)

音楽業界はソニーミュージックの独り勝ち──。他社の関係者から、うらやむ声がよく聞かれる。実際、ビルボードジャパンが発表する、年間ヒットチャート「Billboard Japan Hot 100」によると、2020年にヒットした上位10曲のうち、ソニーミュージックグループに所属するアーティストの楽曲が4曲を占めた(下表、集計期間は19年11月25日〜20年11月22日)。

年間1位の「夜に駆ける」は、2人組ユニット・YOASOBIのデビュー作だ。ソニーミュージックが運営する小説投稿サイト「monogatary. com」に投稿された小説を基に、Ayaseが作詞・作曲し、女性ボーカルのIkuraが歌った。小説が原作という斬新なコンセプトや、厭世(えんせい)的な世界観が若者の心に刺さり、定額で音楽が聞き放題のストリーミングサービスや、動画投稿サイトのユーチューブなどを通じ、爆発的にヒットした。