イラスト:髙栁浩太郎

「出席はしてもらいたいが、多忙な方なので……。われわれにはどうしようもないんです」。ある企業のIR担当者はそう本音を漏らす。

社外取締役は取締役会に出席し、客観的な視点から助言を行うのが仕事だ。しかし、この企業のように取締役会にあまり出席していない「サボり役員」は少なくない。

議決権行使助言会社の米ISSもこの点を問題視しており、取締役会への出席率が75%未満の人について、合理的理由がない限り、再任議案への反対を推奨している。

そこで本誌は、全上場企業を対象に、役員の取締役会への出席率を独自集計。低い順にランキングした(下表)。

6月14日時点で出席率が70%未満だったのは、社外取締役38人、社内取締役9人、社外監査役・監査等委員50人だった。昨年はそれぞれ65人、4人、93人だったことを考えれば、改善傾向にあることは間違いないが、まだまだ100人近い役員が十分に役割を果たしていないのは問題だ。