喰うか喰われるか 私の山口組体験(溝口 敦 著/講談社/1980円/317ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] みぞぐち・あつし 1942年東京都生まれ。ノンフィクション作家。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒業。出版社勤務を経て、フリーに。山口組ドキュメントシリーズなど著書多数。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞を受賞した。

ノンフィクション作家の溝口敦といえば、暴力団(ヤクザ)関連を中心に多くの著作を持つ、この分野では有名な書き手だ。『五代目山口組』の出版をめぐるトラブルから山口組関係者に背中を刺されるなど、危険な目にもあってきた。山口組を50年間ウォッチし続けてきた男なのだからさぞ任侠の世界に興味があったのだろうと思いきや、学生時代はヤクザにまったく関心がなかったという。

就職し、『週刊アサヒ芸能』記者として山口組の取材に取り組んだのが初めてのヤクザとの接触だったという。もっとも、このときはとくになんの感慨もなく終わったらしい。

その後、徳間書店で月刊誌『TOWN』の創刊メンバーとなった溝口は、〈日本一山口組の政治と犯罪〉というドキュメンタリー企画に編集部員として参加する。これが転機になった。徳間書店を退社した後、これを基にした『血と抗争』を著し出版する。