スイスのジュネーブで6月16日、米国のバイデン大統領とロシアのプーチン大統領が会談した。東西冷戦終結後、最悪の状態だった米ロ関係は、この首脳会談により改善に向けて動き始めることになった。

最も重要な成果は「戦略的安定」についての共同声明を発表したことだ。全文の日本語訳は以下のとおりだ。〈私たち、米国大統領ジョー・バイデンとロシア大統領ウラジーミル・プーチンは両国は緊張が高まった状況でも共通の目標に向かって成果を上げられるということを確認した。その共通の目標とは、戦略的な領域で不測の事態が起きにくいようにし、軍事衝突、核戦争の脅威を減らすということだ。/新戦略兵器削減条約(新START)を(2月に5年間)延長できたのは、私たちが核兵器の管理に尽力していく姿勢を示した一例だ。きょう、私たちは核戦争には勝者はなく、絶対に始めてはいけないという原則を再確認した。/この目標に基づき、両国は近く戦略的安定への対話を始める予定だ。よく考えられた強固なものになるだろう。この対話を通じ、将来の兵器管理、リスク削減策についての基盤をつくっていきたい〉(6月17日「日本経済新聞」電子版)。