帝人 取締役常務執行役員 小山俊也

1990年代からQOL(生活の質)の向上が経営全般に浸透し、企業は重要な社会資本である人を預かって事業を営み、社会問題にアプローチしていく志向が強い。99年8月から導入した、ボランティア休職制度もその1つ。

4年間ボランティア休暇を取得し社会貢献活動をした後に、自分の進むべき道を考えて退社も選択でき、その後に「ハローアゲイン」と呼ぶ復職も可能だ。累計108名が利用した。