CATLは米テスラをはじめ各社に車載用電池を供給(写真は2018年撮影)(アフロ)

次世代電池として期待される「全固体電池」の商用化までの道のりはまだ遠いようだ。中国の車載電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)は5月25日に、投資家向けの研究リポートを発表した。その中で、全固体電池は技術的な課題がまだ完全に解決されていないことに言及した。

現在主流の車載用電池は、正極、負極、電解液、セパレーターの主に4つの部分で構成されている。だが全固体電池は、電解液もセパレーターも必要としない。液体を含まないため安全性が高く、新材料を用いることでエネルギー密度を高められるとされる。そのため多くの専門家や企業が「次世代電池」として全固体電池に注目してきた。

CATLは長年研究を行ってきたため、業界内で最先端の技術レベルにあり、全固体電池のサンプルを作ることも可能だとしている。しかし未解決の技術的問題がまだ残っているため、商用化に至るまでのタイムスケジュールは明らかにしていない。