米国のインフレと金融政策をめぐる不透明感が世界の金融市場を揺るがしている。

米連邦準備制度理事会(FRB)は6月15〜16日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で現行のゼロ金利と量的緩和政策の継続を決定した。同時にFOMCの参加者18人による経済予測を公表。今年10〜12月の実質経済成長率を前年同期比7.0%、コアのインフレ率を同3.0%とした。前回3月予測時の各6.5%、2.2%から大幅な上方修正となる。

政策金利については2023年末までの利上げの予想が18人中13人となり、3月からほぼ倍増。22年中の利上げの予想も3月の4人から7人へ増えた。予想中央値は23年中の2回(0.5%)の利上げ。前回は23年末まで利上げなしだったので、利上げ時期の想定が大きく前倒しされたことになる。