東京・常盤橋公園にある渋沢栄一像。その思想が脚光を浴びている

昨年来、たいへんな渋沢栄一ブームで、『論語と算盤(そろばん)』の解説本が何冊も出版されている。NHK大河ドラマや新1万円札の影響もあるだろうが、より本質的なところで、グローバル化と多様化が同時に進行する現代に栄一の思想がマッチしているのだろう。

「会社の目的は株主価値の最大化にある」という株主資本主義が行き詰まりを見せていることはもはや明らかであり、地球という狭い空間の中で、人々がネットワーク化された21世紀の世界においては、必然的に自分以外のステークホルダー(利害関係者)との関係性や多様性を意識せざるをえない状況にある。