J.フロント リテイリング 執行役常務 平野秀一(撮影:尾形文繁)

グループの中心である大丸と松坂屋、パルコの事業は人々の生活と密接な関係にある。人々のライフスタイルをいかによくするか、楽しくするか。それが事業の根幹で、地球環境を含めた社会課題は事業課題そのものだ。

事業計画と社会の課題解決を経営の中で一体化してまとめたのが今進行する中期計画だ。2030年まで取り組む重点テーマは「脱炭素社会の実現」「サーキュラー・エコノミーの推進」など。SDGsの項目を考慮した。スコープ1、2に当たる、電力を含めた温室効果ガスの自社排出量を30年までに60%削減する。弊社では店舗における電気使用量が大きい。それを太陽光や水力など再生可能エネルギーに切り替えていく。