2016年に行った「クラリティ」の発表会。現在社長の三部敏宏氏(右から2人目)は執行役員として参加した(撮影:梅谷秀司)

「ガソリン車に置き換わるモビリティとして有望だ。気候変動に関わる課題にも応えられる」――。

2016年3月、八郷隆弘社長(当時)はホンダ初の量産型燃料電池車(FCV)「クラリティ フューエル セル」の発表会で、新型車への期待をそう語っていた。

だが今回、ホンダはクラリティの生産を2021年8月までに終了することを明らかにした。現在、過剰になった生産体制の見直しを進めており、狭山工場の閉鎖に伴う車種構成の見直しの一環だという。ほかにも、同工場で製造している、ミニバンブームの火付け役である「オデッセイ」や高級セダン「レジェンド」も年内に生産を終える。

クラリティの累計販売台数は約1900台、オデッセイも2020年度の国内販売順位で44位と低迷していた。販売車種の絞り込みで開発効率を高め、電動化など次世代技術の開発を加速する。

そうした中、ホンダに今後問われるのは、FCV戦略の方向性だ。なぜなら今年4月、2040年までに世界で売る新車をすべて電気自動車(EV)とFCVにするという、大胆な電動化戦略を打ち出したばかりだからだ。

FCVの開発はトーンダウン?