こしば・みつのぶ 1981年日本合成ゴム(現JSR)入社。社長、会長を経て今年から名誉会長。経済同友会 副代表幹事・国際問題委員会 委員長。

地政学や地経学の動向を踏まえて先端技術をいかに取り扱うかが、日本企業にとっても極めて重要なテーマになっている。具体的な指針を示すため、経済同友会の国際問題委員長として、今年4月に経済安全保障に関する提言をまとめた。

地政学リスクの分析を行う米ユーラシアグループは、「地政学こそボードイシュー(取締役会の重要事項)」と指摘しているが、まさにそのとおりだ。改訂版のコーポレートガバナンス・コードにはまだこうした要素が含まれていないが、日本の経営者は経済安保に関して、もっと感度を高めるべきではないか。