前回の本連載では、1972年8月3日に当時のソ連における最高意思決定機関であるソ連共産党政治局の会議で、歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島を日本に引き渡す形での平和条約締結が検討されていたことが明らかになったとのスクープをモスクワ発で共同通信が報じたことを紹介した。筆者は、このスクープに関して「北方領土に関する機微に触れる文書の公開には、ロシア外務省とクレムリン(ロシア大統領府)の決裁が必要とされる」ので「クレムリンはこのタイミングで歯舞群島、色丹島を日本に引き渡す形で日ロ平和条約の締結が可能だとのシグナルを送ってきた」と分析した。この分析は間違っていなかったようだ。

ロシアのプーチン大統領が6月4日、世界の主要通信社代表とリモートでの会見を行った。この会見では、共同通信の水谷亨社長がプーチン大統領にロシア憲法改正と北方領土問題の関係について質問した。