「Yahoo!ニュース」は今後どのように成長を目指すのか。また、媒体社側から漏れ聞こえる不信感をどう考えるのか。ヤフー側担当者を直撃した。

──競合が力をつける中、ヤフーニュースはどう戦っていますか。

ヤフー メディア統括本部 中村 塁(なかむら・るい)ニュースコンテンツ・サービスマネージャー、コンテンツクリエイション部長を兼任。(撮影:尾形文繁)

コンテンツ責任者・中村 最も重視するのは、ユーザーに信頼されるサービスであり続けることだ。

PV(ページビュー=閲読数)など数字面の話も当然あるが、社内ではそれ以上に、ユーザーから信頼してもらうための方策を議論している。その中で重要になるのが「公共性」と「社会的関心」だ。

その2点を踏まえ、適切なタイミングで、わかりやすく、ユーザーの求めるコンテンツを提供していく。信頼を失っては事業が成立しない。他サービスと比べて最も差別化したいポイントだ。

──「信頼」の担保にも、フェイクニュースを排除する、社会的に重要なニュースを確実に扱う、読者が読みたいものをそろえるなど、さまざまあります。

中村 どれも含まれる。ヤフーニュースには信頼できる媒体社に参加してもらっているが、参加に当たっては媒体社の編集体制などをこちらで確認するフローを設けている。また、重複するコンテンツが増えると情報が偏ってしまうため、バランスも取りながら媒体社を選別している。

トピックスという最上部にある欄はヤフー社員が「公共性」や「社会的関心」に鑑みて人力で選んでいるが、その下にあるオートトピックスという欄は人力だけでなく、AI(人工知能)でユーザーの興味関心に最適化し掲載している。