東京外かく環状道路(東京外環道)のシールドトンネル工事が原因で、東京・調布市の住宅地の道路上で昨年10月18日、突然、陥没が発生した。その後、近隣の3カ所で地中に空洞が見つかった。壁に亀裂が入り、扉が閉まらなくなるなどの建物被害も相次いでいる。事故から8カ月経つ現在も問題は解決していない。

事業主体の1つである東日本高速道路(NEXCO東日本)は、トンネル工事や地質などの専門家からなる有識者委員会を急きょ編成。調査結果を今年3月に取りまとめるとともに、シールドトンネルの真上の住民に、地盤補修のため一時的に転居するよう求めた。

しかし、住民からは、「あまりにも一方的だ」といった反発が続出。被害住民を支援する弁護団も、「国土交通省やNEXCO東日本などの事業者は、事前調査の妥当性や事故原因などについて組織としてどのような検討を行い、どういう問題があったと考えているか。再三にわたって質問しているものの、誠意ある回答を得られていない」(郷原信郎弁護士)と批判する。