神奈川県北部に位置する相模原市は、328.91平方キロメートルの東西に長い市域を持ち、県内では横浜市、川崎市に次ぐ人口約72万3000人の政令指定都市だ。政令指定都市は現在全国に20都市存在し、相模原市は2010年4月に指定された。

西部で山梨県上野原市、北部で東京都町田市や八王子市と接するなど、県内を含め11もの市町村と隣接する。市の中央部を相模川が流れているが、川の東側には住宅地が広がり、西側は山岳、渓谷地帯だ。上流の津久井湖、相模湖周辺は、ハイキングなどを楽しむ人々でにぎわう観光地となっている。

相模原市は、戦前は軍用地として利用されたが、戦後は米軍などに接収されていた土地が開放され工業団地が造成された。また、産業構造の変化に伴い、都内で働く人々のベッドタウンに生まれ変わり発展した、いわゆる「神奈川都民」の街である。

市内にはタワーマンションが増え、ここから都心に通勤する人も多い。奥に見えるのは丹沢の山並み(PIXTA)