中国では大量のマンパワーを生かして、ワクチン接種が猛烈な勢いで進んでいる(AFP/アフロ)

中国での新型コロナウイルスワクチンの接種回数が驚異的な伸びを見せている。直近では毎日2000万回のペースで増えており、累計で8億回を突破した。一方で、本来は任意の接種が事実上の強制に近い状況になりつつあり、一部では未接種者が交通機関を利用できない、入店を拒否されるといった問題も出始めている。

中国は2020年後半から感染リスクの高い業務の従事者を対象に、開発中の新型コロナワクチンの接種を開始。今春から承認済みワクチンの一般向け接種を本格的にスタートした。

3月25日には接種回数が累計で1億回を突破、その後、5月24日に5億回、30日に6億回、6月3日に7億回、8日に8億回に到達。政府の発表では、遅くとも21年末には目標とする国民の7割の接種(2回接種で完了)が実現できる見込みという。

接種が猛烈な速度で拡大するのには、主に3つの理由がある。