中京銀行が思い切った構造改革を実施。だが、特別に収益が厳しいわけではない(編集部撮影)

いよいよ思い切ったリストラに踏み切る地銀が出てきた。6月7日、愛知県の中京銀行が希望退職の募集を発表した。収益が細る中でも利益を維持しようと、地銀各行は人員削減に取り組んでいるが、その施策は採用抑制による自然減少によるもの。中京銀行は一歩踏み込んだ形だ。

ただ、中京銀行が特に収益的に厳しいわけではない。経営の効率性を計る経費率(営業経費÷業務粗利益、数値が低いほどよい)は76.56%と、地銀平均(75.8%)をやや上回る程度だ。