建設関連株は株価が割安に放置されたままの銘柄が少なくない(写真はイメージ、撮影:今井康一)

村上系ファンドやイギリスのシルチェスターなど、アクティビスト(モノ言う株主)が大手ゼネコンなど建設業関連株を買い増している。現金などの資産が豊富(キャッシュリッチ)で、株価が割安に放置されている銘柄が主に狙われている。

ただ、アクティビストが目を凝らしているのはそこだけではない。村上世彰氏は銘柄選定の基準について、著書『生涯投資家』の中で次のように述べている。

「ファンドで投資する銘柄を選ぶ際、時価総額に占める現預金(不動産、有価証券など換金可能な資産を含む)の割合、PBR、株主構成などを点数化してスクリーニングをする」

また、村上系ファンドの関係者は東洋経済の取材に対し、「売り上げが落ちるときが投資のチャンス。財務の良好な企業が多いことは変わっていない」と語っており、やはり財務の健全性を重視していることがわかる。

PBRやネットキャッシュ倍率などでランキング

アクティビストが目をつけそうな建設関連株を探るため、株価が割安(低PBR)、現金など資産が豊富(ネットキャッシュ倍率)、外国人株主の割合が高い(外国人持ち株比率)、そして減収なのに自己資本が高い銘柄をそれぞれランキングしてみた。