『会社四季報』を毎号最初から最後まで、約2000ページすべて読む。そんな“四季報読破”を私は20年以上続けている。そうして獲得した投資法が「テンバガー候補の発掘」だ。テンバガーとは、株価が購入時から…