多くの関係者の注目を集める中、アメリカのFDA(食品医薬局)がアルツハイマー病治療薬の承認を下した(編集部撮影)

一度は”死んだ”薬が日の目を見た。

アメリカの規制当局であるFDA(食品医薬品局)は6月7日、製薬大手・エーザイとアメリカのバイオジェン社が共同開発していたアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」の製造販売について承認した。

世界で初めて、アルツハイマー病の原因に直接働く治療薬が誕生したことになる。エーザイの内藤晴夫CEOは「アルツハイマー病治療の歴史に新たな1ページを開くことができたことを大変嬉しく思う」とコメントした。

国内におよそ500万人いる認知症患者のうち、アルツハイマー病はその約7割を占めている。世界には5000万人の患者がいるとされ、今後も増え続ける。アルツハイマー病の患者とその家族にとって朗報なのはもちろん、エーザイにとって、巨大市場で新薬の開発に成功した経営上のインパクトは計り知れない。

バイオジェンの株価は7日に約40%も上昇し、8日は日本でエーザイの株に買い注文が殺到した。

異例の紆余曲折