中国で製造された電気自動車(EV)が相次いで欧州に上陸している。その最初の拠点に選ばれているのは北欧のノルウェーだ。

中国の新興EVメーカーの蔚来汽車(NIO)は4月28日、近日中にノルウェーでの販売戦略を公表すると明らかにした。NIOのほか、新興EVメーカーの小鵬(シャオペン)汽車と国有自動車大手の中国第一汽車集団の高級車ブランド「紅旗」がノルウェーに進出する。

中国のEVが欧米市場の一角を占めることができれば、それはブランドに実力がついた証しだ。現在、欧州はEVの主要な市場となりつつある。2020年の欧州でのEV販売台数は中国を抜きトップとなった。中でも、EVへの税制面での優遇を設けるノルウェーはEVの市場シェアが世界で最も高い国だ。ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州太陽エネルギー水素研究センター(ZSW)のデータによれば、20年、ノルウェーのEVのシェアは62.4%に達した。

これまで、欧州に自動車を輸出する中国企業の多くは、輸出入業者を介在させてきた。これに対し、NIOのノルウェーでの販売は中国国内と同じ直営方式を採る。財新の取材によれば、NIOはノルウェーの首都オスロでショールームの出店場所を決めており、すでに内装工事を開始したという。

(財新記者:劉雨錕、原文の配信は4月28日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。