実証的研究手法に感服 信仰と経済の複雑な関係
評者/中央大学教授 江口匡太

『宗教の経済学 信仰は経済を発展させるのか』ロバート・J・バロー、レイチェル・M・マックリアリー 著/田中健彦 訳(書影をクリックするとamazonのサイトにジャンプします)
[Profile] Robert J. Barro ハーバード大学経済学部教授。専門はマクロ経済学、とくに経済成長についての理論・実証分析に定評。著書に『内生的経済成長論Ⅰ・Ⅱ』『バロー マクロ経済学』など。
Rachel M. McCleary ハーバード大学経済学部講師、フーバー研究所シニアフェロー。専門は宗教の政治経済学。社会学、人類学の手法を用いる。近年は意識と道徳心理の関係に注目している。

日本では宗教に対して身構える人が多い。常識とかけ離れたカルト集団や過激な原理主義を見れば距離を置きたくなるし、他人の信仰に口出しするのは余計なお世話とも言えるので、自(おの)ずと触らぬ神に祟(たた)りなし、となる。

しかし、特定の宗教を信仰していなくても、心霊的な存在や死後の世界を信じる人は多いのではないか。ナンズと呼ばれるカテゴリーに含まれるこれらの人も広い意味では信仰心を持っていると言え、日本はナンズが比較的多い国に分類される。

どういう環境で人は宗教や信仰心を持つのか、反対に宗教や信仰が豊かな社会経済の形成を促すのか、本書は定量的な研究成果を中心に解き明かす。宗教団体がどのように組織を維持、拡張してきたのかについて、宗教戦争を戦ったカトリックとプロテスタントだけでなく、イスラム教、チベット仏教にも言及する。

本書によれば、礼拝や集会への参加など、宗教活動に時間を費やせば経済活動にかける時間が減るので経済成長には負の影響をもたらすが、信仰が深いほど経済成長に正の効果をもたらすという。ダイエットは未来があると思うからするのであって、地球最後の日にする人はいない。死後の世界を信じる人ほど、明日以降のことを考えるので今日我慢する、それが経済成長を促す。が、信心深い人は宗教活動に多くの時間を費やす。正反対の2つの効果があるので宗教の経済成長への効果ははっきりしなくなるのだ。

さらに、科学技術の発達と人権意識の高まりから、宗教の一部の教義が現代人の感覚と相反するようになっても、宗教の影響は減退していないという。来世があるなら現世は軽んじられやすくなる。現代は歴史の教訓を経て人命はもちろん動物の命も大切にするようになったが、これは来世がないことに現代人が薄々気付いているからだと思っていたので、この指摘には驚いた。振り返ってみれば、神仏が存在しないと思っていても、苦しいときに人は祈らざるを得ない。悩める人の心が神仏を必要とし、信仰心のある人々の集団が生き残った歴史を考えると、宗教的な影響がいまだに強いのも納得がいく。

宗教に対する立場は人それぞれだろうが、信仰という個人的な心の問題であっても実証科学の方法は有効だ。ラマダンを例に挙げれば、緯度が違えば昼の長さが異なり、飲食を断つ時間も異なる。当然、経済への影響も異なる。経済効果を正確に推計するために、緯度差に注目したところに唸(うな)る人は多いだろう。