早稲田大学商学学術院教授 井上 達彦(いのうえ・たつひこ)1968年生まれ、兵庫県出身。97年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士(経営学)。早稲田大学商学部助教授などを経て2008年から現職。著書に『ゼロからつくるビジネスモデル』『模倣の経営学』『ブラックスワンの経営学』など。(撮影:梅谷秀司)

中国ではアリババやテンセントに限らず、スタートアップ企業の躍進には目を見張るものがある。有史以来、最高のスピードで巨大化しているといっても過言ではないであろう。

その躍進ぶりを理解するための視点の1つがリープフロッグである。リープフロッグとは、経済や社会インフラで後れを取っている新興国が、先進国を超えた発展を見せるという現象である。中国の場合も、既存のビジネスインフラの整備が十分でなかったがゆえに、先進国が築いてきた技術を「一足飛び」に進化させられたと考えられる。

リープフロッグは3つのタイプに分けられる。第1は、同じ経路を短期間で進む「パスフォロー」である。これは、すでに開発された技術について、先進国が歩んできた道のりを早足でたどっていくという発展である。「2000年代の中国のものづくりは、1970年代の日本とそっくりだ」というような発想はパスフォロー的な見方である。自動車をはじめとするものづくりがこれによって発達してきたと考えられる。