中津市は大分県の北西端にある人口約8万3000人の街で、大分市、別府市に次ぐ県内第3の都市だ。豊臣秀吉に仕えた軍師、黒田官兵衛(如水)が築城を開始し、細川忠興によって完成した中津城の城下町として知られる。大分県と福岡県を分ける山国川の支流、中津川の河口に築かれた「水城」の中津城は、今治城、高松城と並ぶ日本三大水城の1つだ。

中津城の天守閣は「模擬天守」と呼ばれる。実は、現在の天守閣はもともとあったものの復元ではなく、1964年に観光開発を目的とし鉄筋コンクリート造で建てられた「模擬」の天守閣なのだ。その後、城の維持費の問題から2010年に、不動産会社を通じて城の建物が一般に売却され、現在は埼玉県の企業が所有するという珍しい形態になっている。

城下町以外の観光資源も豊富だ。市の中心部から山国川に沿って国道212号を南下すると、奇怪な形状の岩石群が現れる。日本三大奇勝に数えられる耶馬渓(やばけい)である。その名は、江戸時代の歴史家であり文人の頼山陽がこの地を訪れた際に、山国谷と呼ばれていた同地を「耶馬渓天下無」と漢詩で表現したことが始まりとされる。

集塊岩の巨峰、奇岩群が約1キロメートルにわたり連なる競秀峰。岩壁に造られた危険な道の代わりに青の洞門が掘られた(photolibrary)