奥村倫弘(おくむら・みちひろ) 1969年大阪府生まれ。同志社大学卒。1992年読売新聞大阪本社入社。1998年にヤフーに移り、ヤフーニュースの立ち上げ人としてプロジェクトに携わったほか、ヤフートピックス編集長、メディアサービスカンパニー編集本部長を務めた。その後、ウェブメディア「THE PAGE」の編集長を経て、2019年4月から東京都市大学教授(記者撮影)
「Yahoo!ニュース」のトピックス編集部やヤフー傘下のニュースサイト「THE PAGE」などで編集長を務め、1998年から約20年間、同グループに在籍した奥村倫弘氏。現在はメディア運営者の立場から離れ、東京都市大学教授としてインターネットメディアの可能性と諸問題を研究する。組織の内側、外側からヤフーニュースを見つめてきた同氏は、その変遷と今後に何を思うのか。

 

――1998年の入社から長きにわたり、ヤフーニュースに携わってきました。

ヤフーへの入社時は、カテゴリーの整備やサイトの登録などを行う「サーファー」という役職での採用だった。その当時はロボット型検索がまだ一般的でなく、そうした作業を人手で行っていた。その傍ら、現在のニューストピックス欄の原型のようなものもすでにあったので、その編集にも携わっていた。

入社した当初、ヤフーニュースではまだスポーツの記事などを扱っておらず、政治・社会といった硬いニュースだけを取り上げていた。ただ読者層を広げるためには、取り扱うジャンルを拡大したほうがいい。自分でそういう提案もしながら、エンタメなどの柔らかいニュースにまで徐々に取り扱い範囲を広げていった。

ヤフーニュースの存在感が大きくなるにつれ、運営体制も大きくなっていく。当初2、3人だった部員はみるみる増えて(自身がヤフーニュースから異動する頃には)30人ほどになり、新卒社員も採用するようになっていた。それだけ(組織が)どんどん変わっていった。

ライバルが増え、抱いた危機感

――ヤフーニュースが著しく成長する中、2013年にはヤフー内で子会社を作り、政治・経済系の解説記事などオリジナルコンテンツを展開する「THE PAGE(ザ・ページ)」を立ち上げました。

立ち上げの理由は2つあった。1つは、増え始めたライバルに対抗する必要性が出てきたことだ。

当時はスマートニュース(2012年12月開始)やグノシー(2013年1月開始)など競合サービスが登場し、(ヤフーニュースも含め)皆が同じようなメディアと提携し記事を集めていた。金太郎飴のように似たサービスを展開するのでは差別化できないので、オリジナルのコンテンツを作りたいと思った。

もう1つは、ニュースの解説メディアを作ってみたいと思ったことだ。例えば、「まん延防止措置」と「緊急事態宣言」の違いみたいな基礎的な内容は、新聞などの日々のニュースではいちいち説明されていない。気になるニュースをわかりやすくしてほしいというニーズはあると思ったし、作りたかった。

ただ、それをヤフーニュース本体が行うと、(ヤフーにコンテンツを供給している)ほかの媒体社と競合することになる。そのため、扱いは他媒体と同じ「ワンオブゼム」として、独立採算でメディアを運営することにした。ヤフーとの間に「こういう記事を書いてほしい」といった意見交換はあったが、トピックスへの掲載などでザ・ページがほかのメディアより優先的に扱われるようなことはなかった。

その後、ザ・ページはヤフーニュースに吸収合併されるのだが、そこからは(媒体の性質が)変化していると感じる。媒体として存続していることは嬉しいが、例えば以前は大阪からも記事がよく出ていたが本数が少なくなってきている。また、(当初のウリだった)解説記事も減ってきた。編集長が誰なのか、今はわからない。

――ヤフーニュースにも何か変化を感じますか。