菅義偉首相とバイデン大統領の日米首脳会談が行われた。日米首脳の共同声明に「台湾」の文字が入ったのは52年ぶりだ。さてご同輩、1969年11月に佐藤栄作首相とニクソン大統領が何を語り合ったかご存じだろうか。

答えは「沖縄返還」だ。当時は太平洋戦争の終結から24年。米ソ冷戦下、ニクソン政権の最優先課題はベトナム戦争を終結させることで、佐藤内閣は大阪万博を目前にしていた。このときの日米首脳の共同声明には下記の文言がある。「大統領は、米国の中華民国(台湾)に対する条約上の義務に言及し、米国はこれを遵守するものであると述べた。総理大臣は、台湾地域における平和と安全の維持も日本の安全にとって極めて重要な要素であると述べた」。