みやはら・まさひろ 1967年生まれ。91年朝日新和会計社(現あずさ監査法人)入所。アドバイザリー企画部長などを経て、2017年7月から現職。(撮影:梅谷秀司)

提供しているサービスには、経営のコンサルという「攻め」とリスクコンサルという「守り」の2つがある。今は守りの部分が重視されている局面だ。大規模な災害やコロナ禍のような事態が起きたときに、いかにオペレーションを止めずに活動を続けていくかはクライアントにとって重要だ。

リスク対応部隊を監査法人側に置く会社もあるが、KPMGはどちらも同じ会社の中に持っていて、強固に連携している。