全体像を批判的に評価し、その弱みの補強を提起
評者/北海道大学大学院教授 橋本 努

『アマルティア・センの思想 政治的リアリズムからの批判的考察』ローレンス・ハミルトン 著/神島裕子 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile]Lawrence Hamilton 1972年、南アフリカ共和国ダーバン生まれ。英ケンブリッジ大学で博士号を取得後、現在は南アのウィットワーテルスランド大学政治学部教授とケンブリッジ大学政治学国際学部教授を兼務。専門は政治理論。

ノーベル経済学賞受賞者のアマルティア・センは、多彩な分野を横断する希有な学者である。社会的選択理論、経済哲学、飢餓の実証研究や経済開発論など、さまざまな研究で世界的評価を得てきた。近年では民主主義や人権を巡って踏み込んだ議論を展開しており、政治思想の観点からも関心が集まっている。

本書はそんな大思想家の全体像を批判的に描いた労作だ。とくにスリリングなのは、若きセンが既存の厚生経済学を内在的に批判して、「ケイパビリティ」(あえて訳せば潜在能力)という独自の概念を練り上げていく場面。本書はその過程を生き生きと描く。

センは、貧困問題に関する実証研究でも大きな成果を上げた。センによれば、飢饉の多くは食料不足で生じるのではない。むしろ貧困に対する誤った考え方や制度ゆえに生じる。悪の根源は思考習慣や制度であり、その克服のために、センは独自の貧困指標を提案したりもしている。

ところがセンのケイパビリティ論や民主主義論は、どうもこうした具体例に適用するとなると歯切れが悪い。

センはロールズの正義論を批判して、客観的な正義の基準を見つけるためにはグローバルな視点、「開かれた不偏不党性」が必要であると主張する。これはアダム・スミスのいう「公平な観察者」を発展させたもので、確かに希望に満ちたアイディアではある。

しかしセンは以前、ハルサーニの厚生経済学理論を批判する際、普遍的倫理よりも個別の文脈に埋め込まれた倫理のほうが大切だと指摘したのではなかったか。私たちが何かに共感したりコミットしたりしなければ、見えてこない価値があるのだと。どうもセンは普遍と特殊という、相反する倫理の問題を解決しておらず、政治的リアリズムの観点からみて楽観的にすぎる、というのが著者の批判である。

センは実践の場面では、政府よりも市民団体に期待する向きがある。しかしセンの理論を有効活用するためには、もっと現実の権力関係にメスを入れて、市民が自分たちのケイパビリティを鍛えていくための概念図式を提起する必要があると著者は指摘する。

こうした観点から本書は、センの自由論を積極的に読み込み、「実効的な力としての自由」という解釈を提起する。自律的選択ではなく、たとえ他律的であっても、自分の潜在的な諸能力に気づいて発揮する。そうした目標に向かってセンの思想を発展させるべきだというが、なるほど説得的で、豊かな指針を与えている。