(tadamichi / PIXTA)

東京都内の高級ホテルで開かれたパーティーには、上場企業の幹部や起業家ら約200人が詰めかけていた。参加者たちは豪華な料理には目もくれず、ひたすらビジネスについて熱く語り合っていた。

これは、コロナ禍前の2019年に戦略コンサルティング会社のOB・OGが参加した「アルムナイパーティー」のワンシーンだ。

アルムナイとは、企業の退職者ネットワークのこと。ほかの業界にも存在するが、一企業への在籍年数が平均5年以内と短いコンサル業界ではネットワークの規模が大きく、結束力も強い。コロナ禍前まで、大手だと月に1回のイベントに加え、毎年1回は高級ホテルでパーティーを開催してきた。

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)のOBは、「アルムナイはOBやOGによる助け合いのネットワークだ。会員になればイベント開催の案内や求人情報などを定期的に送ってもらえる。会社を辞めた人に対しても、さまざまなビジネス支援やキャリア形成の手助けをしてくれる、ありがたい存在だ」と語る。