(©SHAKTI/a.collectionRF/amanaimages)

高収入でハイスペック──。恵まれた生活を送っていると思われがちなコンサルタントだが、どうやらそうでもなさそうだ。その実態を聞いてみた。

基本的にコンサルは激務だ。プロジェクトの歯車となって作業に当たる若手社員は、日付が変わっても、作業していることがほとんどだという。

「昼間は会議が連続するので、会議のない夜に作業するしかない」(若手社員)からだ。

「土日も社内の連絡ツールにオンラインのマークが並ぶ。一度ログインしてしまったら、次々に質問が飛んでくる」(同)。まさに、息つく間もない生活だ。

近年は各社、働き方改革を進めており、残業時間は減少傾向にあるものの、「家に帰っても、資料を作ったり、下調べをしたりするので、実態は変わらない」(中堅社員)うえに、「クライアントへのプレゼンテーションを控えた週は絶対に眠れない」(同)のも変わっていないという。