(プラナ / PIXTA)

「大丈夫ですから。一緒に対策を考えてみましょう」

山田コンサルティンググループのコンサルタント、渡部浩平氏は、肩を落とす社長の背中をさすりながら声をかけ続けていた──。数年前に担当した工務店での出来事だ。

関東で建設業を営んでいたその工務店は20人の従業員を抱え、オーナー社長と妻の2人で切り盛りしていた。だが、事業の不振が続き、立ちいかなくなる。

依頼を受けサポートに入ったのが、中小企業向けコンサルティング会社大手の山田コンサルだった。担当することになった渡部氏は、「資金繰りが危険水域で、金策に走り回っていた社長の精神状態も臨界点に達していた。昨日と今日で言うことが180度変わっているような状況だった」と振り返る。

ある日いきなり姿を消したかと思ったら、ヤミ金に駆け込んでいた。もはや冷静な判断ができなくなっていた社長に、渡部氏は「大丈夫ですから」と声をかけ続け、「この人に伴走していくしかない」と腹を固めた。

まず運転資金確保のため、メインバンクに追加融資を頼み込んだ。だが、財務の傷みが激しいことを理由に担当者はなかなか首を縦に振らない。そうこうしているうちに資金繰りがさらに悪化したため、渡部氏は銀行に相談しつつ、山田コンサルのネットワークを使ってスポンサー探しを始める。