「どうしてこんなに高くつくのか、意味がわからない。もしかしてごまかされてるんじゃないだろうか……」

ある大手企業の幹部は、コンサルティング会社からの提案資料を見て頭を抱えた。

提案の内容は、これまでのシステムを刷新、時代にマッチした新しいシステムを導入するというもの。パワーポイントで美しくまとめられた資料には、導入費用として約5億円かかると記されていた。

この企業はもともと、このコンサル会社に事業戦略の策定を依頼していた。3カ月を経て戦略が提示され、その実現には新しいシステムが必要という結論に至り、今回の提案を受けたわけだ。

戦略策定の3カ月間にかかった費用は約3000万円。それと比較しても、今回の提案ははるかに高かった。担当のコンサルタントに「どうしてこんなに金額が変わるのか?」と尋ねると、「業務量が大きく異なり、人手が多くかかるから」だと言う。

確かに、システムに関する知識などまったくなく、実際にシステムにいくらかかって、導入にどれくらいの費用がかかるのか想像もつかない。だが、自社には人材がいないため、コンサルを使わないで実現するのは不可能だ。結局、提示された金額で導入を進めてもらうほかなかった。

デジタル化のニーズが高まる中で、コンサルを活用する企業が増えている。だがこの幹部のように、コンサルがどんな業務をしているのか、支払う報酬がいくらになるのか、という点についてはよくわからないという人も多いだろう。そこでここからはコンサル業界の「儲けのからくり」をご紹介する。

総合系の重要性が増す