先日、12年間の中国駐在から帰国した友人と歓談した。中国人から見て、日本はたいへんな管理社会に思えるらしいことが話題になった。新型コロナ予防のマスクや手洗いに限らず、交通ルールの順守や一糸乱れぬ通勤電車の乗り降りなどは、中国人からすれば揶揄の対象になるくらい、管理社会の表れに見えるらしい。友人との歓談では妙に納得して笑い合っていたが、後になって日本=管理社会説に疑問を持ち始めた。

コロナ禍でわかったことは、日本は政治や行政が国民の私権を制限する強制力を持っていそうでいて実は持っていないという事実だ。緊急事態宣言でも、まん延防止等重点措置でも、人々の行動をコントロールできていない。