うえだ・たかゆき 1956年生まれ。80年東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省。資源エネルギー庁長官などを経て、2017年に国際石油開発帝石(現INPEX)副社長。18年6月から現職。(撮影:尾形文繁)
石油・天然ガス開発の国内最大手である国際石油開発帝石は、4月1日、INPEX(インペックス)に社名を変更した。世界的に脱炭素への動きが加速する中で、今後の経営戦略をどう描くのか。上田隆之社長に聞いた。

柱であるイクシスの年間LNG生産量

2018年7月に生産を開始した豪LNGプロジェクト。年間生産量は日本のLNG輸入量の1割に相当する。INPEXの重要な収益源。

──2020年12月期は、原油価格低迷(平均で1バレル=約43ドル)に苦しみ、1116億円もの最終赤字となりました。

06年の国際石油開発と帝国石油の経営統合以来初めての赤字で、たいへん厳しく受け止めている。原油価格下落により、豪州で手がけるプレリュードFLNG(洋上の液化天然ガスプラントプロジェクト)などで計1899億円の減損を計上したことが響いた。

ただ、低油価にあっても、一過性の損益を除いた「ベース純利益」は546億円(前年同一期間は1495億円)だった。豪イクシスLNG(液化天然ガス)プロジェクトの生産は非常に順調。日本の輸入量の約1割に当たるLNGを生産し、当社がオペレーター(操業主体)を務めている。ガス生産量でも利益面においても、屋台骨を支えるプロジェクトだ。

足元では原油価格は回復しているものの、再び下落しても対応できるように、操業効率化を徹底するなど強靭な体質に変えていかないといけない。