昭和32年(1957年)時点の渋谷駅前交差点。現在の西武百貨店のある場所には渋谷松竹が見える(提供:白根記念渋谷区郷土博物館・文学館)
「エンターテインメントの街」「ファッションの聖地」、そしてIT企業集積地「ビットバレー」としての顔。時代の流れとともに街並みを変化させてきたのが渋谷だ。「多様性」や「雑多感」といった渋谷の特徴はどう形作られていったのか。
1971年から渋谷区の職員として区立図書館などで勤務した後に、現在は外郭団体職員として区政資料コーナーで働く山田剛さん(74)。渋谷の「生き字引」と呼ばれ、街の変遷を見守ってきた山田さんに、渋谷の源流について語ってもらった。 

しのぎ削った五島慶太と堤康次郎

――1940年中頃までの渋谷には「まだ農地が残っていた」と聞きます。

1932年に渋谷区が成立したときには、すでに農地はほとんどなくなっていた。このことは1966年に区が発行した『渋谷区史』に明記されている。明治時代に15区だった東京(当時は東京市)は、1932年に35区体制になる。そのときに増えた区のひとつが渋谷区だった。「渋谷町」「千駄ヶ谷町」「代々幡町」の3町が合併して渋谷区になった。

このころは宅地開発が進められ、特に「道玄坂」の宅地開発では五島慶太の率いる東急グループと堤康次郎を総帥とする西武グループがしのぎを削っていた。ほかにも「円山町」や「百軒店(ひゃっけんだな)」のあたりも「五島慶太 vs. 堤康次郎」の図式で、開発が争われた。

――それ以前は、渋谷駅の誕生が街の発展に寄与したのでしょうか。

さかのぼると、渋谷の発展に最も大きな力になったのは1885年の日本鉄道品川線「渋谷駅」(現在のJR渋谷駅)の開業でしょうね。鉄道会社としては地盤のいいところにつくりたいということで、まずは恵比寿近辺を計画していたが、反対運動が起きてだんだん追いやられ、現在の渋谷駅の位置より200メートルほど恵比寿寄りのところ、今の渋谷警察署が構えるあたりに最初の駅ができた。

1923年には関東大震災が起こる。東京の下町は地震の被害が大きかった。渋谷についてはそれ相応に被害があったと思われるが、大火で延焼して困ったという記録がない。被害が小さかったため、「下町の人たちが避難をする場所としての役割があった」と言われている。

大正末期の渋谷駅。明治18年(1885)に、日本鉄道品川線渋谷駅(現在のJR渋谷駅)が開業した(提供:白根記念渋谷区郷土博物館・文学館)

道玄坂の中ほどある百軒店と呼ばれるエリアは、避難してきた下町の老舗店舗を受け入れるための場所だった。老舗の店舗街ができたのだが、その後下町が復興してくると1店舗、2店舗と地元に戻っていった。そんな中で渋谷の地元の方が「お客さんが集まるようになったこの場所をなんとか自分たちで盛り上げられないか」と考え、地元の店舗で形成されていくようになった。これが街の発展への力になった。

――百軒店の近くには花街として有名だった円山町がありますね。