大規模再開発が進む渋谷駅西口(撮影:今井康一)

ついに渋谷が品川に抜かれた――。2017年の夏、こんなニュースが世間を賑わせた。JR東日本が発表した2016年度の駅乗車人員で、かつては新宿・池袋に次ぐトップ3の常連だった渋谷駅が品川駅を下回り、6位に後退したのだ。

JR渋谷駅の乗車人員は、2013年3月に東急電鉄東横線が東京メトロ副都心線と相互直通運転を開始した影響を受け、同年度に3位から5位に下落。その後は減少傾向が続き、現在も6位に甘んじる。地上3階から地下5階まで広がる複雑な多層構造の駅は「ダンジョン」などと揶揄されることも多い。乗車人員の減少は、直通運転で乗り換えが必要なくなっただけでなく、駅の複雑さが敬遠されているのではないか……との声もあった。

一方、2020年1月には東京メトロ銀座線の駅が移転開業してJR線との乗り換えが改善され、同年6月にはそれまで遠く離れていた埼京線のホームが北に約350m移動して山手線と並列になるなど、改良も進む。「渋谷ダンジョン」はどのようにして生まれ、これからどこへ向かうのか。

「新たに計画するなら考えにくい」駅

渋谷駅に乗り入れる鉄道は4社9路線。JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東急東横線・田園都市線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、そして京王井の頭線だ。JR各線と東横線・副都心線は南北に、そのほかの路線は東西方向に線路を延ばす。

2020年1月に移転開業した銀座線渋谷駅(撮影:尾形文繁)

「もともと都市構造的には課題のあるところ」。渋谷駅とその周辺について、渋谷区都市整備部・渋谷駅中心五街区課の叶卓二事業推進主査はこう語る。地名のとおり谷底であるという地形的な条件に加え、「鉄道各線が空いているスペースに順次乗り入れたことで配置が複雑なだけでなく、明治通りと国道246号という主要道路が交差する位置に駅があり、立地的にも制約が多い」ためだ。

道路交通の集積する場所に鉄道駅も集中するという構造は、「いま新たに都市計画をやるときには考えづらい」。歴史の積み重ねが複雑な駅構造を生んだ。

渋谷駅が開業したのは明治時代の1885年。最初に開通したのは現在の山手線にあたる路線で、場所は現在より300mほど南側だったという。駅は大正期の1920年に現在地へ移転して高架化。昭和に入ると東横電鉄(現・東急東横線)と帝都電鉄(現・京王井の頭線)が地上2階の高さにホームを設けて乗り入れた。1938年には地下鉄銀座線の駅がビル3階に開業し、現在に至る主要路線の大半が出そろった。

歴史は浅いが深い「地下」