2019年12月に建て替わった「東急プラザ渋谷」は、40代以上をターゲットに据える(撮影:今井康一)

「渋谷の『大人化』がいよいよ現実になってきた」。博報堂の「新しい大人文化研究所」で所長を務めたのち、現在は「人生100年時代 未来ビジョン研究所」を主宰する阪本節郎代表はこう指摘する。阪本代表は大人化の流れを鮮明にした意味で、「2019年はエポックメイキングな年だった」と言う。

2019年11月1日、渋谷駅直結の「渋谷スクランブルスクエア」が開業した。その3週間後の11月22日、建て替えにより一時休業中だった「渋谷PARCO(パルコ)」がグランドオープン。そして12月5日、同じく建て替えが進んでいた「東急プラザ渋谷」もリニューアルを果たした。