推薦者|東京大学大学院 工学系研究科 教授 松尾 豊

まつお・ゆたか 1975年生まれ。97年東京大学工学部卒業、2002年同大学院博士課程修了。博士(工学)。19年4月から現職。日本ディープラーニング協会の理事長も務める。(撮影:ヒダキトモコ)

AI(人工知能)と人間のあり方が将来的にどう行き着くかを知るには、『サピエンス全史』の下巻に書かれている内容を読むのがいちばんだ。

AIと人についてしっかりと語っている本は少ないが、(遺伝子工学やヒューマンブレーン、人間強化問題に触れた)最終章の「超ホモ・サピエンスの時代へ」は完全に正しい見方をしている。生命の法則を変える技術が生まれるとわかっている人は言ってこなかった。しかし、それに踏み込んで言及している。