オランダの医療機器・ヘルスケア大手のフィリップスは3月25日、家電事業を中国の投資ファンド大手・高瓴資本(ヒルハウス・キャピタル)に37億ユーロ(約4760億円)で売却すると発表した。

買収後も引き続きフィリップスブランドを使用することで双方が合意している。ブランドの授権期間は15年、使用料は7億ユーロ(約900億円)となる。

フィリップスは家電事業を売却するとの意向を2020年1月に公表していた。その後、中国のテレビ大手・TCL科技集団、エアコン大手の格力電器(グリー)、調理家電大手の九陽(ジョヤング)など複数の家電メーカーが買収に関心を示していた。

フィリップスは近年、市場や産業構造の変化に対応できず、テレビや携帯電話などの消費者向け製品や半導体、照明器具などの事業を次々に売却または分離してきた。

今回売却を決めた家電事業はパーソナルヘルス部門の傘下にあった。その製品は小物家電が中心で、コーヒーメーカーやスチームアイロン、掃除機などが含まれている。

高瓴資本が家電事業への投資を行うのはこれが初めてではない。19年に格力電器の発行済み株式15%を総額416億6200万元(約6945億円)で当時の親会社から取得、筆頭株主となった。フィリップスの家電事業を買収した後、どんな動きを見せるか注目される。

(財新記者:翟少輝、原文の配信は3月26日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。