コロナ禍での外出自粛が打撃となり、そごう・西武の旗艦店「西武池袋本店」の前期売上高は2割以上減った(撮影:今井康一)

4月8日、日本を代表する小売企業の決算資料がひっそりとホームページ上に掲載された。

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は同日、前2021年2月期決算を発表した。売上高に当たる営業収益は5兆7667億円(前期比13.2%減)、営業利益は3663億円(同13.7%減)と減収減益で着地。中核事業である国内のセブン-イレブンの、コロナ禍による売り上げ低下が響いた。

営業収益・営業利益とも従前に公表していた会社計画は上回り、決算内容に大きな驚きはない。今回の決算で異例だったのは、期末にもかかわらず、通常なら井阪隆一社長らが出席して行われる説明会が開催されなかったことだ。

同社は4月2日配信のリリースで、決算発表と同時に予定していた新たな中期経営計画と今期の業績予想の開示を延期すると発表。決算説明会も開かない方針を明らかにしていた。

3月までに米石油精製会社から買収する予定だったコンビニ同業のスピードウェイ事業について、米連邦取引委員会による認可手続きが遅れ、買収が完了していないことが理由という。