名古屋市立大学医学部医学科卒業、名古屋市立大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)。自治医科大学医学部助手、米国ベイラー医科大学留学、名古屋市立大学大学院医学研究科基礎医科学講座細胞生物学分野教授を経て、2016年4月から現職。(写真:筆者提供)

老化細胞の生存に必須な遺伝子が「GLS1」だと発見

「老化細胞」とはストレスによってダメージを受けるなどして増殖できなくなった細胞のことです。この老化細胞が臓器組織の機能低下や老年病などの発症を誘発するというのが最も基本的な「老化のメカニズム」。

われわれの研究チーム(東大医科学研究所)は、老化細胞の生存に必須な遺伝子を探し、それが「GLS1」という遺伝子であることを突き止めました。この「GLS1」の働きを止める薬剤を投与したところ、老化細胞が除去され、老化に伴う衰えや生活習慣病が改善されることを証明しました(2021年1月15日に米科学誌『サイエンス』に発表)。