老化、エピジェネティクスが専門。2011年に東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程(生命科学)にて学位取得。米ハーバード大学医科大学院のデビッド・A・シンクレアのラボに留学後、2021年4月から慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室、理工学部システムデザイン工学科特任講師。(写真:筆者提供)

老化研究は日米で大きな格差、日本人は予防意識が低い

日本人は米国人に比べて健康に対する予防意識が低い。日本には国民皆保険制度があるためで、風邪をひいて病院で治療を受けても数百円で済みます。ところが米国人は治療費が高く、すぐに数万円程度かかってしまう。そのため、病院に行かずにサプリや薬局で済ませる。自分だけでなく家族の生活を守るためにも健康を管理し、予防するという意識が高いのです。

サプリも、それがどういう役割を果たすのかを自己選択しなければなりません。米国ではサイエンスのリテラシーも高く、自分で科学書を読み、かなり調べて知っている人が多いです。その一方で日本人は、「身体によさそうだし、安いから飲んでおくか」というような具合です。自己選択の責任を持つという感覚も希薄です。