ドイツのアジアにおける外交活動が活発になっている。4月13日、日独間で初めての外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)がオンラインで行われた。〈日独2プラス2に日本は茂木敏充外相と岸信夫防衛相、ドイツはマース外相とクランプカレンバウアー国防相が参加した。/茂木氏は協議で「力を背景とした一方的な現状変更の試みにより、国際社会の平和と繁栄を支えてきた前提は、当然視できなくなった」と中国を念頭に訴えた。/マース氏は「インド太平洋でいろいろな脅威が出ており、安全保障の連携は重要だ」と述べて足並みをそろえた。/ドイツ側は今夏にもフリゲート艦をインド太平洋地域に派遣すると伝えた。日本に寄港させる計画だ。海上自衛隊とドイツ海軍の共同訓練の実施を調整する。香港情勢と新疆ウイグル自治区の人権状況では「深刻な懸念」を共有した。/アジア太平洋に領土を持たないドイツが艦船を送るのは異例の対応だ。防衛省によると過去に親善目的の派遣はあったが、安全保障の色彩が濃い形式では初めてだという。/今回の2プラス2はドイツがインド太平洋地域の主導権争いに関わる意思を示す事例となる〉(4月13日付「日本経済新聞」電子版)。

2プラス2の前日(4月12日)に、マース独外相が朝日新聞に寄稿した。その内容は、これまでのドイツのアジア外交戦略と一線を画するものだ。マース外相は「3つのアジア」という分節化を行っている。具体的にはこんな論理だ。〈地域の台頭により現在、「3つのアジア」が生まれています。一つ目は、躍動し、外に開かれ、外とつながる、私たちのよく知る「経済のアジア」です。他方、ナショナリズムの先鋭化、領土問題、軍拡競争や米中対立に表れている「地政学のアジア」もあります。そして三つ目が、「グローバルな課題のアジア」です。アジアぬきに、公正なグローバル化の実現も感染症や気候危機の克服も不可能だからです。/そして、この「3つのアジア」が相互に衝突する場面が増えてきました。地政学的な対立は、自由貿易を脅かす要因となってきていますし、各国の感染症対策は、民主主義と権威主義の体制間競争の様相を帯び、急激な経済成長は温暖化を深刻化させています。そしてこうした動きゆえに、アフリカの東海岸から米国の西海岸にいたるインド太平洋地域は、国際政治の将来にとって決定的な重要性をもつのです〉(4月12日付「朝日新聞デジタル」)。