推薦者|元JAXA宇宙飛行士、内閣府宇宙政策委員会委員

山崎直子

やまざき・なおこ 1970年千葉県松戸市生まれ。2010年、日本人女性2人目の宇宙飛行士としてスペースシャトル・ディスカバリーに搭乗。現在は女子美術大学客員教授も兼任する。

世界の宇宙産業市場は約40兆円。コロナ禍でも年7〜10%の成長が続いており、2030〜40年には100兆〜160兆円規模に拡大するといわれる。宇宙ビジネスは今、カンブリア紀のような進化の過渡期にある。

市場の中でコアとなるのがロケットの開発や打ち上げ、人工衛星の開発だが、いちばん伸びているのは利用産業。GPSを使ったカーナビ、通信衛星による通信端末、民間主体の天気予報など、人工衛星のデータを使った各種産業だ。