ネッツトヨタ愛知を傘下に持つATグループは愛知県内で最大手のディーラーだ

「今回のような不正が本当にありえるのかと思った。どんなに作業が忙しくても絶対に越えてはならない一線だ」。トヨタ自動車の販売店で発覚した不正車検について、他メーカーの販売会社の社長はそう口にした。

国土交通省中部運輸局は3月30日、ネッツトヨタ愛知の販売店(プラザ豊橋)の不正車検に対する行政処分を発表した。法令違反の対象台数は5158台。この店で2018年12月22日〜21年1月13日に車検を行ったすべてに当たる。ネッツトヨタ愛知を含む4つのトヨタ系販社を持つATグループ(名証2部上場)は、愛知県内で最大手のディーラーだ。

今回の不正は昨年12月、中部運輸局が行った抜き打ちの監査で発覚した。プラザ豊橋では、点検・検査を省いて保安基準適合証を交付したり、実際に検査したかのような虚偽の整備記録を作成したりしていた。

道路運送車両法違反で、プラザ豊橋での自動車整備事業の指定は取り消され、整備士8人のうち不正に関与した7人の自動車検査員に解任命令が下った。