「安定需要のある立地にこだわる」

「負けない投資を信条にしている」と語るのは、不動産投資に関する書籍がある村野博基さん(45)。東京の区分中古マンションに特化した投資を行う。収益物件は目下29戸で、「東京23区を制覇するまであと6戸」という。現在の年間家賃収入は約3000万円、管理費などを引いた手取り収入は2500万円になる。

通信会社の社員だった2004年に不動産投資を始めた。そのときから基本スタイルは変わっていない。まず家賃収入を重視する。「イールドギャップ(表面利回りと借入金利との差)3%程度が目安。表面利回りが少々低くても(客が付きやすい)場所にこだわる」。

区分所有する都内マンション。管理組合理事長も務める

金融機関から借り入れをしてレバレッジを利かせることも特徴だ。「ボリュームを増やすためには借金をしたほうが早く資産を築ける。利ザヤが増えてリスクが小さくなる」。新築マンションよりも利回りがよく、運営実績がある中古のほうが手堅いとみる。昨年は新型コロナの影響で空室が瞬間的に増えたが、それでも1カ月程度で埋めることができた。

不動産投資を始めるに当たっては「売却益狙いか安定収益狙いか、投資の目的を明確にすることが大事。目的が不明確だと、入ってきたお金の使い方を間違えてしまう」と話す。勤めていた会社を19年に早期退職し、現在は不動産投資を専業にしている。複数の物件で管理組合の理事も務める。「コツコツやっていくのがうまくいく秘訣」と、最後に強調した。